こんな時どうする?

こんな時どうする?

こんな時どうする?

【第19回】

  • 学校・スポーツ関連

    校則

    高校生の娘が、パーマをかけたいと言っています。校則で禁止されていますが、守らなくてはいけませんか。


Q 高校生の娘が、パーマをかけたいと言っています。校則で禁止されていますが、守らなくてはいけませんか?

髪型は自己表現の一つ、人格権に基づくといわれています。


髪型を強制することは、身体の一部に対する直接的な干渉となり、強制される者の自尊心を傷つける恐れがあるため、人格権としての権利が保障されています。


昔は、男子は全員丸刈りで長髪禁止という学校もありましたが、現在では、多くの学校が髪型の規制を必要最小限にしています。
高等学校は、その学校の教育理念に基づいて、社会通念上、合理的と言える範囲内で校則を制定することができます。一方、生徒は、学校に入学することによって、校則を守ることを承諾することになります。


たいていの学校の場合、入学するときに、生徒と親に対して校則について説明がなされます。
校則で、パーマを禁止することは、高校生にふさわしい髪型にしてほしい、非行を防止したいという学校側の考えであり、社会通念上、人格権を不当に制限するものとは言えないでしょう。


ところで、校則に違反したからといって、即刻、停学や退学になるわけではありません。学校が、生徒に退学などの重い処分をする場合は、生徒から校則違反をした理由を聞き、退学にせざるを得ないかどうか、普段の行いも考慮した上で、決定することになります。


結論として、パーマをすることの必要性が特にないのであれば、校則を守るべきでしょう。高校受験の前に、どのような学校かしっかり調べて、納得する学校に入学することが大切です。

漫画1
漫画2

栄総合法律事務所

埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-4
ニチモビル浦和3F
TEL 048-839-7341(代)

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~19:00
(年末・年始、及び祝日・振替休日・国民の休日を除く)